top of page

茅台酒日本Moutai Japan Brand Movie

案件名 :茅台酒の海外プロモーション活動 顧客 :茅台集団 プロジェクト背景 目的:茅台酒を国際市場に推し進め、東京、パリ、ロンドンの3大都市をカバーする。 手法:ユニークなテーマを持つ一連の活動を通じて、茅台酒の文化と精神を展示する。 意図:国内外の複雑な世論と文化交流の環境の中で、茅台文化と中国酒文化の魅力をより多く示し、直接的な文化交流や融合にのみ焦点を当てるのではなく展開する。 クリエイティブコンセプト 核心:「香りの出会い」。茅台酒のユニークな香りを通じて消費者との感情的共鳴を引き出すことに重点を置く。 方向性:「一本の美酒には中国の人文がある」という視点から、茅台の醸造芸術、職人の精神、中国の人文精神を強調する。 ターゲット視聴者:主に中国国内のユーザーを対象とし、茅台の国際化の歩みへの認識と支持を高める。 ビデオ制作 課題:海水排出の敏感な時期に、茅台酒の日本市場でのプロモーションをどのように受け入れやすくし、潜在的な負の影響を避けるか。 戦略:議論を呼ぶ可能性のあるテーマや小道具を避け、茶、米、花、葉などのより純粋で素朴な要素を使用する。 制作方向:嗅覚に関連する感情や文化の連想を通じて、および酒の香りの描写を通じて、ビデオコンテンツを構築する。国際的な視聴者だけでなく、国内の視聴者にも茅台酒のユニークな魅力と中国文化の深みを成功裏に示した。 意匠説明 課題と戦略:日本市場での広告において、リスクを避け、好感を構築する方法。リスクのあるテーマや小道具を避け、木の葉などの要素を利用して嗅覚に関連するさまざまな感情や文化の連想を呼び起こす。 クリエイティブ:生活の騒音と雑誌を排除し、清潔で、沈静化し、素朴な香りに回帰することで、現代社会の騒がしさと高圧的な生活・仕事の背景に合致させる。箸、書道、伝統建築の廊下、富士山、乾杯など、中日両国の一般的な人文要素を作品に取り入れ、視聴者と現地観衆の距離を縮めた。 評価 成果:ビデオコンテンツは中国で非常に好評を得て、茅台ブランドのイメージと影響力を効果的に向上させた。 意義:茅台酒の海外市場開拓の基盤を築いた。 インスピレーション 市場考慮:海外プロモーションを行う際は、目標市場の文化背景と視聴者のニーズを十分に考慮することが重要。 ブランド文化:ブランド文化と内容の発展は、海外プロモーションの重要な要素の一つである。 クリエイティブ戦略:クリエイティブな戦略を巧みに活用することで、海外プロモーションの効果を大幅に向上させることができる。

茅台酒日本Moutai Japan Brand Movie
bottom of page